ブログに決まってるでしょ!


by tatsuro-ueza
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ワールドチャンピオン決定戦2008 その④

【23日(日)】
今日は公式予選第四ヒートと、予選上位者のみが進出できる決勝レース決定の日です。
前日までの調子で、決勝は走れるだろうと高をくくってましたが、実際はいかに?

さて、今日はよかばい君がサポート役として参加してくれました。
ワールドチャンピオン決定戦では、ドライバーである自分の他に、
1名だけサポート役としてピットに入れるんです。
丁度良い!ということで、彼にサポート役をやってもらうことに。

予選第四ヒート。
最前列からのスタート。
クリアラップの内にタイムをマークする作戦に出ます。
「ドライバーズ、オンザトーン! ぷ~~!」
(外人さんがアナウンスすると、「オン」にアクセントがあるんです)
一気に飛び出してオープニングラップを取ります。
そこから一気に超本気モード突入。
集中し始めるのが自分でも分かります。

インフィールドセクションは予想通りの走り。
あとはインフィールドセクションを抜けた後の複合コーナーを
いかに最短で抜けるか。

ここでアクシデント。
攻めすぎてフェンスに衝突してしまいました…。
脱出の間に後続車が抜いていきます。
復帰したときには中盤辺り。
挽回を図るも、時すでに遅し。
クリアラップを取ったときには、すでにスタート直後のパンチ力はありませんでした。
自己ベスト更新ならずで、この予選10番手で終了。

ピットに戻り、しばらくすると、タミグラでおなじみのKさんから決勝進出者の発表が。
ドキドキしながら聞き入ります。
「10番グリッド、東京代表、T弘選手!」
やったぜ!決勝に残れた~!
一安心ながらも次のことを考えなければなりません。

この時点では、予選第四ヒートの走りをもとに、若干セットを変更する程度に控えます。
ここまで来ると後は走りきるだけなので、大博打は避けたいのが心情でした。
タイヤを新品にして、いざ決勝へ!

決勝第一ヒート。
決勝は5分間を3回行い、内2回のベストポジションを点数化し総合順位を決めます。
スターティンググリッドもバックストレート上に変わります。
10番グリッドはイン側でした。ポールポジションからは遠いですが、位置的には悪くないです。

いざスタート!
ロケットスタートが決まり、ストレートエンドまでで3台をごぼう抜き。
よっしゃ!と思った瞬間、ストレートエンドのコーナーで多重クラッシュに巻き込まれます。
分かっちゃいるけど止められない♪(…失敬)
なんとか走り出したときには9番手辺りだったと思います。
その後なんとか挽回し、7位でゴール。

記事が少ないと思われますが、GT2400クラスは、一度ポジションが決まってしまうと、
滅多に順位が変わらないんです。
ほぼ全開でコーナーが回れるクラスでは、ある程度の差がついてしまうと、
順位を挽回するのは並大抵ではないのです。
(F-1のモナコGPみたいですね)

決勝第二ヒート。
やってしまいました…。フライングです。
フライングはバッドドライビング扱いとなり、10秒間のピットストップペナルティが課せられます。
スタート直後にアナウンスされなかったので大丈夫かな~と思っていましたが、
しっかりペナルティ取られました。
前レースのミニスポーツクラスでは、7台くらいが一斉にフライングしていても
何もペナルティが課せられなかったので…。

これで順位はほぼ確定…。
前車のクラッシュ等で最下位から3つポジションを挽回しましたが、これが限界でした。
いや~、参った!

決勝第三ヒート。
フライングだけは避けたい一身で、みょうに緊張してしまった第三ヒート。
しかしスタートはバッチリ。前車のクラッシュを上手く避けて、6番手辺りまで急浮上。
パンチ力もあり、これは行ける!と思った瞬間、パイロンに乗りひっくり返ってしまいました。
ありえない…。これだけは今まで無かった事だったのに…。
マーシャルが救出する間にポジションを落とし、万事休す。
結局10位で終了。

総合順位は10位で終わりました。

こう書くと不満だらけに見えると思いますので、ここからは明るい話を。

今大会は非常に楽しかったです。
超有名な方々にお会いすることができて、お話を伺うことができて、
さらにワークスの方々のサインも頂いちゃいましたし、
何よりも、順位より、まずは楽しむという雰囲気があって、
そんな環境の中に自分がいたことが、とても嬉しかったのです。

さらに、GT3700で抜群の安定性と速さをもったタミグラ殿堂K家選手の優勝。
他人では計り知れないプレッシャーの中、見事、ポーツトゥウィンを達成してくれました。
優勝が決まった瞬間、自分の事のように嬉しかったです。
本当におめでとうございます!

そんな大会でしたが、このような最高の舞台に立つことができたのは、
本当に幸せだったと感じています。

来年からは上位クラスに参戦することになりますが、
この夢の舞台に再び立てるように、一層ウデに磨きをかけて再チャレンジします!

応援、ありがとうございました!!
[PR]
by tatsuro-ueza | 2008-11-25 21:08 | R/C全般