ブログに決まってるでしょ!


by tatsuro-ueza
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

タミグラ2連荘!

タミヤグランプリ東京大会に参加してきました!

2日目のF-1、3日目のストリートチャレンジ1の2日間連荘です。
開催直前に発売された刻印入りブヂルミディアム(リア)のテストを金曜日に行ったため、
ラジコン漬けの3日間でした♪

それではレポートGO---!!!
※例によって画像はありません、ごめんなさい。

【1日目:F-1クラス】

いきなりお寝坊さん。
らんえぼさんが場所を確保していただいたおかげ様で定位置(?)に座ることができましたが、
滅多に寝坊しない自分が、この日に限って寝坊とは…。
体力が回復しきってないようです。早くも老化現象??

本日のユザメンのご紹介。
F-1フレッシュマンクラスにらんえぼ氏・COLA氏、ミニスポーツクラスにemi氏のお三方。
顔なじみがいると心が和みますね。心強い味方です。

この日は参加者が全体的に少なかったこともあり、ギュウギュウ詰めになることはありませんでした。
チョット広めにピットを設営し、車検に向かいます。

最後尾に並んで数分後、列の流れが止まります。
オフィシャルともめている人がいるらしく、流れが回復する気配がありません。
いきなりつまづきました…(;´Д`)

なんとか車検を終えてピットに戻ったときには練習走行はかなり進行していて、
並んでも時すでに遅しと判断。マシン整備に費やすことにしました。
とは言っても、そこはF103。デフの再組上とベアリングの様子見だけで終了。
Tバーはとりあえずそのままで。

いよいよ予選第一ヒート。
8番のステッカーを貼り、後列スタート。
ベストラップ方式なので、ブザーが鳴っても一斉に走り出すことはありません。
トロトロ走り、位置を調整していきます。
前が結構クリアになったところでタイムアタック開始!
ところが、超ドアンダー。スロットル調整してワザとリアを流す方法を試すも、結局無意味と分かり、
仕方なく、このヒートを捨てることに。
その結果、第一ヒートは15番手に。

予選第一ヒートと第二ヒートの間にお昼休憩と同時に練習走行(区切られた区間で)ができます。
そこを利用して大幅にセットを変えたマシンを走らせます。
これがドンピシャ!
気持ちいいくらいに曲がってくれます。曲がるんですが巻くことはありません。
意気揚々で予選第二ヒートへ。

予選は、予想していたとおりに快調でした。
唯一残念なのが、真のクリアラップを取れなかったことでしょうか。
それもタミグラ、レースというものです。
8割方満足して順位を確認しに行きます。

予選8位にアップ。なんとかAメインに残ることができました~(;´∀`)

さぁ決勝です。
前回ではポールスタートするも、結局5位まで落ちてしまったので、
今回は慎重に走りきることだけを考えていました。
落ち着いて走れば良い位置にいけると分かっていたので。
しかし、そうは問屋が卸しません。

スタート直後の第3コーナーで壁に引っかかり早くも最下位。
その後、数週にわたり猛ラッシュをかけます。
そして、中盤グループに追いついて抜きにかかった最終コーナー手前で、またもクラッシュ⇒横転。
ふたたび最下位へ。
激しいクラッシュで左右の曲がり方が異なるほどアライメントが変わってしまい、
真っ直ぐ走ってくれません。

心の中は既に諦めモード。
何回かクラッシュがあったと思いますが結局最下位(9位)でゴール。
※リザルト上は9位は下から3番目ですが10位以下はリタイヤだったので、
完走扱いの最下位です。

でもまぁ、Aメインには残れたので、満足度70%くらいですね。
マシンは良く走ったので次に期待です。

終わったことにホッとしたのか、ド~ンと疲れが出てしまい、
ホテルにチェックインしたときはフラフラでした…。

ホテル?

そうです。ビジネスホテルです。それが何か?

今回は2連荘ということと、マシンメンテに集中したいため時間が欲しいということの2つの要件が重なったため、
ROX近くのビジネスホテルに泊まることにしたんです。

チェックインした後、フラフラに鳴りながら秋葉原へタイヤを買いに行きます。
何度か意識が飛びましたが、なんとかフタバ産業へ到着。
すると、U野さんが来ていました!
話をしつつ、日曜日に使うバッテリーとタイヤを調達。
久しぶりの新品バッテリーです。う~ん新しい♪ピカピカだ♪でも眠い…。
速攻で浅草に戻り、バタンキュ~zzz…(´-ω-`)


【2日目:ストリートチャレンジ1】

午前3時に目が覚めました。疲れはかなり回復した模様です。
目が腫れてたので焦りましたが、そんなことは言ってられません。
早速バッテリーの充電とマシンメンテを行います。
時間は限られているので手早くね。

バッテリーは、さすが新品というべきもの。
電圧が安定しています。温度も最適。しかも容量は十分以上に入ります。
バッテリーはこれでヨシ。

マシンメンテは主に注油とハンダ付け。
愛用しているナタリー(オイル)をチュ~っと注します。
その後アンプのコードを全て新しいものに変えます。
コネクターも2ピンからタミヤコネクターへ。
最後にモーター慣らし。
バタバタしていたら6時を回っていました Σ(゚д゚lll)ガーン

急いで荷造りしてROXへ。
予想していたとおり、3日間で最大の参加者数です。
この時間で既に大行列ができていました。
前日から並んでいるキョン、それとよかばい・マッサに挨拶し、そそくさとマックへ。
タミグラの朝食は朝マックが定番になってきましたw
軽~くお腹を満たす感覚がいいですね。コーヒーも美味しくなったし。

7時過ぎに開門。
キョンのおかげで定位置(??)に座れました。

この日のユザメンは、
ビギナーズにCOLA氏・U野氏、それにマッサ。
ストリートチャレンジ2にキョン、ストリートチャレンジ1によかばいの5人。

辺りを見回すと、いますいます、超有名な方々が。
皆さん、タミグラや雑誌で一度は見たことがある方々ばかり。
う~ん、いいなぁ。自分がどこまで通用するか楽しみです♪

予選第一ヒート。
最多ラップ方式(どれだけ周回することができるか)を採用しているため、
予選と言っても真剣勝負のレースと同じです。
絶好調だったのが、フ○バ産業のY儀選手。
他を圧倒するスーパーラップを刻みます。
その後に雑誌でも超有名なサノタケ選手、去年のタミグラポイントトップのS村選手、
アグレッシブな走りで常に結果を残すT中選手、N岸選手、そしてタミグラマスター(殿)選手と、
蒼々たる顔ぶれが続きます。

うわ…凄すぎ…(;´∀`)
戦々恐々としながら自分の番を待ちます。

そして自分の番。第一ヒートは後列からのスタート。
先日の谷田部で施したセットで挑みます。

スタートダッシュも決まり、第2コーナーで4位に浮上。
よっしゃ!と思った矢先、またもクラッシュでドン詰まり。

『またかよ~~~』

ラップタイムは他車より速いのは分かってましたが、皆さんレースをしているので、
そう簡単には抜かせてくれません。
詰めながらも抜けない状態のままタイムアップ。
第一ヒートは9周で終了。暫定30位…。全体の中盤辺り。
ただ、第二ヒートは前列からのスタートなので、得意のスタートダッシュが決まれば何とかなるだろうと。
変にポジティブシンキングだった記憶がありますw

さて第二ヒートです。
セットはそのままで…いいのか、ホントに…。
スタート!
スタートダッシュ成功!トップで戻ってきます。
その後に猛追してきたのがT中選手。昨年のタミグラワーチャンGT3700東京代表の方です。
さすがに上手い!みるみると差が縮まってきます。
負けじとコーナーを閉じて抵抗しますが、周回遅れに引っかかり順位逆転。
その後、焦ってパイロンに乗り上げ横転。
なんとか挽回するものの、時既に遅し。10周には入りましたがタイムが遅すぎです。
結局Bメイン5位確定。

『あの横転がなかったら~~~』

悔やまれる結果となりました。

Aメインに入れなかったことが確定した後は、やる気ナッシンモード全開ですw
決勝でN村(TEAM WOLF)君に特攻しようかと訳の分からない作戦を考えたりします。
(空振りで終わりましたw)
クラッシュ・横転・ひっくり返りの連続で、最終的にはBメイン8位(だったかな?)で終了。

今回のタミグラは、スキルの差がモロに出た感じでした。
セッティングが完全に勉強不足だったのです。
滅多に走らせないカーペット路面だから…というのは理由になりません。
どんな路面でも特徴を把握していれば、セッティングの方向性は見えてくるものです。
Aメインに残った方々は、そのスキルが二枚も三枚も上手だったと思います。
と同時に、次のタミグラはAメインを目指す決意もより強くなりました。

やっぱりレースは楽しい!

次は5月の第4週に行われます。
どうやらミニスポーツは行われるみたいです。
(オフィシャルがポロッと洩らしていました)
気温も丁度良い時期なので、いっそう盛り上がるでしょう。
次のタミグラが楽しみです。

ユザメンをはじめ、今回参加された全ての方々に、お疲れ様でした!

P.S.
ユザメンの活躍ぶりは、他のユザメンのブログにて近日公開予定です。お楽しみに!
[PR]
by tatsuro-ueza | 2009-03-22 22:36 | R/C全般