ブログに決まってるでしょ!


by tatsuro-ueza
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

スピード狂

北米で盛り上がりつつある新プロテンに興味津々です。

旧プロテンとの主な違いは横幅ボディ、それにバッテリーの3つ。

横幅は200mm(旧:235mm)
ボディはツーリングカーボディ(旧:ペッタンコのレーシングボディ)
バッテリーはリポ1セル3.7V(旧:6セル7.2V)

上記のレギュレーションで、速度を抑えつつチキチキを楽しむという目的で生まれましたが、
なかなか評判が良いようで、近々ROAR(北米のJMRCAみたいなところ)でも承認の動きがあるようです。
もちろん、ドロームマシンのベースとしても人気があり、そろそろ日本でも流行りだすかなぁと思っていましたが、
ブログを見ると、やはり始めてる方がいるようです。

以前、ケイチューンにお邪魔したとき、DDカーならもっとスピードが出せる!
と確信が持てたので、自分なりに少しずつ情報を集めていました。

現在、日本で購入可能な新プロテンマシンといえばコレ。
c0161727_21273661.jpg
CRC ジェネレーションX10


c0161727_21281063.jpg
新プロテンに相応しいレイアウト


c0161727_21285129.jpg
王者の風格が漂ってます(?)


写真のマシンは6セルが搭載可能で、旧プロテンのレギュレーションにすることも出来るそうです(横幅235mm)。
これにコイツを被せて、
c0161727_21364192.jpg
プロトフォーム ミュルサンヌLMP

ブラシレス+リポ2セルを搭載すれば、間違いなくEP最高峰マシンが出来上がりそうです。

これならケイチューンで1/8とチキチキすることも夢ではなさそうです。
完全に自己満足ですけどね(;´∀`)

あ!確かこのキットはインチネジだったような・・・
面倒臭いなぁ~、F103GTを改造したほうがイイかなぁ・・・。
[PR]
by tatsuro-ueza | 2010-01-05 21:40 | R/C全般