ブログに決まってるでしょ!


by tatsuro-ueza
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

TEAM MAGIC E4RS'09 シェイクダウン

お昼まで仕事だったので、空いた午後にスタジアム1にお邪魔してきました。

E4RSのシェイクダウンです。

c0161727_2343388.jpg
パワーソースは、ブラシレス13.5Tと、リポ4000の組合せ。
これをギヤ比5.4で回します。


c0161727_2344205.jpg
アッパーデッキが低い位置にマウントされるため、
飛び出し防止用ストッパーのビスを抜いています。
こうしないと箱型リポが入らないのです…。


c0161727_23454327.jpg
ボディはアレックスLX250。
プロの方に塗ってもらった記念すべき1枚目です。
シェイクダウンということで、惜し気もなく投入~。

タイヤはベルテック7Nをチョイス。ウォーマーがけが面倒臭いのでw

N村くんが見守る中、恐る恐る走り出します。
コーナーギリギリを攻めず、まずはマシンの特性を見極めていきます。

まず最初に分かったことは、初期アンダー・プッシュアンダーが強いということ。
コーナーの入りで早めにステアリングを切らないとインに入りません。
ただ、中~低速域の旋回性は非常に良いです。恐ろしいくらい曲がります。
つまり、コーナーではしっかり減速し、曲がりきってから加速するという走らせ方が良いと思います。
中途半端なコーナリングでは、入りでアンダー・立ち上がりでアンダーのWアンダーが待ってます。


c0161727_081036.jpg
2回目から本格的なセッティングに入ります。
付属のスプリングでは柔らかすぎてコーナーで踏ん張れないため、
持って来ていたエクストリームのスプリングに変更。
フロント=ピンク、リア=グレー(シルバー?)です。
と、ここで問題が。
スプリングが長くて車高が下げられません。
リテーナーを一番上にしても車高が6mm以下になりません。
付属のスプリングは他のメーカー製と比べると、ノーマルとショートの中間くらいの長さ。
なので他社製の場合はショートタイプを選択する他ありません。
輪の大きさを考慮すると、タミヤのショートタイプがベストでしょう。

車高は結局6mmのままで走らせます。
これが功を奏したのか、思った以上にスムーズになりました。
コーナーのギクシャクがなくなったと言えばいいでしょうか。
コーナー→直線→コーナーの繋ぎが滑らかになり、攻めやすくなりました。
それでも、コーナリングスピードが上がってきません。
なので、次はアッカーマンを変更することにしました。

キット標準の状態では、ステアリングを切ったとき、内側が外側より大きく切れるようになっています。
これを左右同じ角度になるように調整してみました。

ここで時間切れ。

ピットに戻り、ボディを開けてみると…
c0161727_0183075.jpg
あらら~…

バンパーステー弱すぎ~!

大きなクラッシュはしていませんし、コーナーを軽~く擦った程度なんですが、
この程度の強度しかないとすると、予備パーツを何個か持ってないと厳しいですね。

とりあえずシェイクダウンは終わりました。

感想としては、オススメはできないマシンだということです。
ネタでお買いになるには構いませんが、本気で攻めるためのマシンとしてお買いになるには
リスクが大きすぎます。

パーツの入手しやすさ、代替品の模索、マシンの素性の見極めと改善、
これらを根気良く続けられる人ならいいかもしれませんが、
ただ単に海外マシンが欲しいという人には、素直にX-RAYをオススメします。
あのマシンは良く出来ていますよ。高いですがw
[PR]
by tatsuro-ueza | 2010-02-28 23:31 | R/C全般