ブログに決まってるでしょ!


by tatsuro-ueza
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

究極の領域へ⑥

リチャード指令よりお誘いを受け、谷田部アリーナへ行ってきました。
(指令、いつもありがとうございます!)

c0161727_22554556.jpg

SS耐久レース後に変更されたコースで走ります。

持って行ったマシンはこの2台。
c0161727_22564943.jpg

TA-05と、X10LINKです。

TA-05は次のタミグラ用のテストのため、
そしてX10はシェイクダウンのためです。

c0161727_22581575.jpg

この日は日曜日だというのに、ピットはご覧のとおりガラーンとしてました。

X10のモーターは、アウトドア用の4Tからインドア用の8.5Tへ換装しています。

グリップ剤をたっぷり塗って、いざコースイン!

ハイ!思ったとおりの走りをしてくれま~す!

クリッピングポイントでここまで鋭角に曲がるマシンは初めてです。
変更後のレイアウトはかなりテクニカルになってましたが、
DDカーのクイックなコーナリングの前では無意味です。
さらに、ガツンとスロットルを入れても挙動に乱れが発生しません。
むしろスロットルにリニアに反応した加速はツーリングでは絶対に味わえません。
不思議なことに、フルブレーキをかけても巻かないんです。
グリップなどの複数の要因があるとは思いますが、
自分の中でのDDカーの常識が一気に覆りました。
この気分は滅多に味わえない衝撃的なもので、
リチャード指令に「パネェ」を連発していましたw

そうしている内に、デフが空転し始め、原因を探るべく分解。
ここからが大変でした。
指令に見てもらい、店員さんに見てもらい、それでも解決せず。
デフが空転する(つまり滑る)と、摩擦熱でスパーギヤが溶けて
デフボールが飛び散ります。
そんな症状を2回連続で起きてしまい。仕方なく走行を諦めることに。
残った時間でTA-05を走らせてました…。
(TA-05も中々のセットを出せましたよん♪)

半分意気消沈して家に帰り、説明書を眺めていると、
重要なことに気が付きました。

ハブの中に入れるはずのベアリングが入っていないことに気が付いたのです。
c0161727_23111079.jpg

これでは、スラストベアリングを締め込むときに、
締め込みの強さにシャフトのネジが耐えられず、
カーボンシャフトが割れてしまいます。
それを防ぐ意味でも、この部分のベアリングは重要だったわけです。
しかしながら、このベアリング、パーツ袋に入っていませんでした。
だから余計に気が付かなかったんですよね。
ダンパーシャフトといい、ベアリングといい、
高精度で有名なHUDYでもミスはあるんですな…。
いやはや、指令や店員さんには申し訳ないことをしてしまいました。

原因が分かれば早速注文です。
今週末には届くでしょう。
パーツが届いたら組立ててみて様子を見てみようと思います。

いや~、これでスッキリしました。
次こそ4Tを積んでかっ飛ぶぞ!
[PR]
by tatsuro-ueza | 2010-09-26 22:54 | R/C全般