ブログに決まってるでしょ!


by tatsuro-ueza
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

限界突破

はるさんのお誘いで、SPL(相模湖ピクニックランド 現:相模湖プレジャーフォレスト)に行ってきました。

はるさんの予想通り、中央道は調布インターからすでに渋滞。
八王子ICから小仏トンネル先まで大渋滞。
朝6時発で開園にドンピシャでした。

c0161727_154423.jpg

SPLは久しぶり!




c0161727_1561436.jpg

山一つがまるまるアウトドア施設というプレジャーフォレスト。
はるさん曰く、元々は力道山が絡んでいたとか。
山の中にポツンとサーキットが作られています。
蝉の声が聞けるのも自然の証。都内では滅多に聞かなくなりました。




c0161727_1582635.jpg

自然の中です。蚊は大量にいます。
O型人間は刺されやすいので、蚊取り線香と虫よけスプレーは必須です。
(それでも刺してくる…)




c0161727_1592286.jpg

快晴は良いんですが、その分暑いので水分補給は欠かせません。
自販機もありますが、50円高いのは勘弁。
麓のコンビニなどで調達してから入園するのがグゥ。




前置きが長くなりましたが、
今回の目的はTA06がハイパワーに耐えられるかを実証するためです。
予め壊れやすいと思われるパーツは用意しています。
c0161727_15143141.jpg

アンプはホビーウィングXeRUN120A。3.5Tまで回すことができるアンプですが、
巷ではストックブーストで有名です。
設定は特に変更せず、スロットルポジションを合わせただけ。
バッテリーはHAGYから借りたSMC。
これくらいのスピードになると、容量が少ないと5分走れないですから。
モーターが消費する電気量もハンパないので、それに耐えうるバッテリーが必要です。



c0161727_15185529.jpg

モーターはオリオンVST Pro4.5T。アンプが壊れるのが嫌なので安全パイで。
そうそう、モーター端子の位置によってはステフナーに干渉し着かない場合があります。
TA06用に他社製のモーターを着ける場合は、端子の位置ができるだけ外側(エンドベル側)
にあることが必要です。
目安はタミヤのブラシレスモーターを参考に。



c0161727_1527588.jpg

はるさんは京商V-ONE。SPLなどの広いサーキットならエンジンカーも楽しいでしょうね。
あの迫力は電動では味わえません。


さぁ走行です!
確実に壊れると予想されるアイドラーギヤの耐久性はいかに!

恐る恐る走らせます。
ガツンと握るとギヤがあっという間に欠ける恐れがあるためです。
手前から左側の外周はゆっくりと、ストレートに入ってから全開にします。

結論:良く走ります♪

ブースト・ターボの設定をしていない状態とはいえ、
4.5Tのパワーにさすがに耐えられないと思っていましたが、
普通に加速していきます。
ストレートスピードは1/10エンジンカーと同じ。コーナーの突込みはEPの勝ち。
ただ、グリップがGPカーに比べて圧倒的に足りないので、
立ち上がりや高速コーナーで負けます。
これがもどかしかった~。

一番の懸念材料だったアイドラーギヤも耐久性は合格点。
スロットルをガツンと握ってもギヤが欠けませんでした。
クラッシュすれば話は別でしょうけど、それがなければ全くと言っていいほど欠けません。
結構耐久性があるんですね。

足回りのセットとしては、ロールによる腰砕けを嫌がって、
スプリングを前ハード・後EXハード、
スタビを前ミディアム・後ハードに変更。
これで不満なく走ってくれました。
途中の通り雨もなく計10パック分走りました。

c0161727_15492139.jpg

バッタくんも大喜びさ♪



今回、TA06の耐久性が意外にあるということは分かりましたが、
GPカーとタメ張るくらいのスピード域で走らせるなら、
ハイエンドマシンの方が確実に速いです。
TA06はあくまでもミドルクラスマシン。
4.5Tというハイパワーで走行することを想定していません。
ストックモーターで走らせるのが最も適しているマシンであることに変わりはないので、
今回のようなマネはおススメしません。

ハイスピード域で走らせるのは、ストックレースとは違った緊張感があって楽しいです。
さて次は何のマシンを走らせましょうかね♪
[PR]
by tatsuro-ueza | 2011-08-06 23:01 | R/C全般