ブログに決まってるでしょ!


by tatsuro-ueza
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

2011/10/22・23 タミグラ全日本選手権東京大会1日目

いよいよROXでの最後のタミグラの日がやってきました。
土曜日はメンバーの進の字のサポート役(お邪魔役)として現地をブ~ラブラ。
殿にチョッカイ、Y儀くんにチョッカイ、
SGヤさんとの約束もスルー、S沢くんのツッコミもスルー、
もうね、自分が嫌になるくらいダメ人間ですわよ…(´д`)
最近疲れが取れなくなってきたしなぁ、トシか?

c0161727_218133.jpg
メンバーの一人、進の字のピット。
相変わらず節操のないピットですが、他称FFマイスターの走りは社会人になっても健在です。
今回も何かしてくれそうな予感がします。

c0161727_21153634.jpg
いつの間にかフルオプション化しているFF03。
前日にモーターメンテ方法を伝授したら見事に燃やしてしまったそうで、
今回はサブで用意したダメモーターを使わざるを得ない状況に。
回転数は18,000回転を若干上回るくらい。うわぁ~ダメダメだ…。

そんな嫌な空気を断ち切ろうと(?)、新製品をパチリ。

c0161727_21232011.jpg

c0161727_21263373.jpg

c0161727_21264643.jpg

c0161727_1829273.jpg
Ferrari 599XX
写真で見た感じでは丸っこい感じですが、実際は意外に低いボディです。
サイドスポイラー・リアリップスポイラーなども忠実に再現されています。
そしてお決まりのオプションウィング用ポッチもあります。
走らせるより飾るために存在する。そんなボディです。

c0161727_21275794.jpg

c0161727_21281272.jpg
audi R8 LMS
レースで使うならこちらでしょう。
オーバーハングも短く、そして低い。オプションウィング着けてどうぞ。
良く見ると『直線』というものがありません。
全てが『曲線』でデザインされています。
こういったデザインは欧州ならではですね。良いセンスです。

c0161727_21352673.jpg
無限CR-X PRO
M05(FF駆動)向けボディとしては秀逸。
こういったボディを沢山出してほしいです。
でも手元にM05がない…(TдT)

c0161727_2138854.jpg
そして『現行トゥエルブをタミヤが再現したらこうなった。なぜこうなった?』
と首を傾げてしまうシャーシ。
ボディは懐かしのトヨタトムス84C。
当時は速すぎて手に負えなかった記憶があります。
無段変速スピコン、欲しかったなぁ~。
その後ろはフォルクスワーゲン シロッコ。FF03用です。

さて予選です。
進の字のマシンは初期アンダー・後半マッキーだそうで、予選1回目は不本意な順位でしたが、
セットを変更した予選2回目でベストラップを展開。予選総合5位でAメイン決勝へ進みます。
しばらくレースから遠ざかっていましたが、本番のキレた走りは健在。

S沢くんは予選1回目でただ一人11周に突入。
貫録の予選総合1位をゲット。既に代表権を取っているのでBメインポールに。
ヨシヨシ。どちらもイイ成績だ♪

SGヤさんも予選Aメイン2位に。
『落ち着いて順位を維持すれば大丈夫!』
と声をおかけして結果を見守ります。

そして決勝。
まずは進の字のFFクラスから。
スタート直後の混乱を抜け出し、1位の人と2位のM田さんを追いかけますが、
ダメモーターのせいで追いつけません…。
彼はコーナーで差を詰めようと攻めますが、パワーの差はどうしようもなく、
I崎さん・ゴッドT中さんに追い詰められます。
最後の最終コーナーでT中さんが進の字のインを突きますが、挙動を乱し後退。
進の字の3位が確定しました。

c0161727_21564876.jpg
レース毎に何かやってくれる進の字ですが、今回もやってくれました♪
お祝いにボディ塗ってあげるよん。

次にS沢くんのM06クラス。
スタートの混乱もなくトップで周回しようとした矢先に自爆。
2位の殿がトップに立ち、S沢くんが必死に追いかけますが、
さすがの殿、差が一向に縮まりません。
後半で周回遅れと絡んだ殿に追いつきますが、追い越すまでにはいかず、そのままゴール。
前回のレースより良く走っていたので本人は満足そうでした。
良かった良かった。

最後はSGヤさんのタミグラ11クラス。
スタートで3位に後退後、2位に上がります。
トップのA沢さんが速くて追いつけないと感じたのか、自らのポジションをキープする走りに
終始された感じでしたが、
挙動は良く、無駄がない綺麗なコーナリングで3位とも一定の距離を保てていました。
残り30秒もある段階で既に安心して見ていました。
レース後車検時に硬く握手。おめでとうございます!
c0161727_227133.jpg
このパネルが有るのと無いのとでは嬉しさが倍違います。
自分の時は金属製の大きなプレートで、片手で持って記念撮影を受けるのが辛かった…w

うん、イイ日だ♪ 明日も晴れるかな~♪
[PR]
by tatsuro-ueza | 2011-10-23 22:51 | R/C全般