ブログに決まってるでしょ!


by tatsuro-ueza
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28

2010年 02月 01日 ( 1 )

日曜日にユザワヤでモーターボディのテストをしてました。

モーターはブラシレス17.5T
LRP製の最新ストックブラシレスです。
銅?と勘違いするほどの銅色をしたモーター缶が特徴です。
ハイトルク型なので、ギヤ比の設定に迷いましたが、
とりあえず4.4で始めることにしました。
(説明書は4.0と書いてあるけど…)
これにリポ2セル(7.4V)の組合せです。

走らせてみると5セル+23Tと全く同じスピード
今まで17.5Tの一般的な目安といえば、
ブラシレス17.5T×2-1≒ブラシ35T
くらいが妥当だと思っていましたが、見事に裏切ってくれました。
ただ、ブラシレスモーターにも特性等がありますし、
ハイエンドからローエンドまで幅広くラインナップされているので、
一概にブラシレス17.5T=ブラシ23Tとまではいかないようですが、
やはり日進月歩で技術向上は進んでいると思うと嬉しくなりますね。

とりあえず5分超走らせた後、モーターの温度を測ってみると、
(タケちゃんマンさんご提供)

・・・・・・111℃・・・・・・

あれあれ~~(;´∀`)
アッチッチ過ぎですw

同じモーターを使っていたU野さんも同じくらいの温度。
アンプがオーバーヒートで強制ストップをかけないのと、
冷却が早いところをみると、単に缶の放熱性が高いだけかと思いますが、
冬場でこの温度だと、夏場では130℃くらいになるかもしれません。

後半でタレるのも、この高温が原因だということは明白なので、
次はファン付ヒートシンクをつけてテストしてみます。


ボディは先週タミヤから発売されたカローラアクシオ
印象はNSX2005に近いです。
丸く回るのはNSX2005の特徴ですが、
カローラの場合、低速域でクンッとインに頭を向けるところがGOOD。
つまり、(NSX2005+EBRRO350R)÷2
と言えば分かりやすいかもしれません。
コントロール性も高いので、タミグラで多く使用される予感がします。


帰宅後はU野さんから譲っていただいたコミュ研を使って、
BZのコミュを削ってみました。

削りすぎました・・・。゜(゚´Д`゚)゜。

これから修行の日々が続きますw


日曜日はユザメン大集合と言わんばかりの面子が集まってました。
あれだけの面子が集まるのも珍しいので、一時はラジコンそっちのけで話ばかりしていました。
こういう時間も楽しいですね~。
あと1ヶ月足らずなので、皆さんなるべく集まりましょうね!
[PR]
by tatsuro-ueza | 2010-02-01 23:25 | R/C全般