ブログに決まってるでしょ!


by tatsuro-ueza
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2008年 10月 ( 15 )   > この月の画像一覧

気になる

高性能放電器で有名なチームウェーブから、今年末にブラシ・ブラシレス両用のESCが発売になりますね。

c0161727_23291257.jpg
(写真はRB30)

このESC、ハイエンド向けのRB50と、ミドルクラス向けのRB30の2種類がありますが、
自分的注目はRB30の方。

定価が13,800円ですよ。値引きで11,000円辺りが予想されます。
(パワーズは値引率が低い…)

しかも、ハイエンド向けモーターでは主流のセンサー式。

これならオリオンやLRP・ノスラム、それにスピードパッションといった名だたるメーカーの
モーターがポン付けできますね。

こういった低価格なESCが出るのは大歓迎です。
どんどん普及してほしいと願ってます。
[PR]
by tatsuro-ueza | 2008-10-29 23:33 | R/C全般

後悔先に立たず

諸事情により行くことができなかったタミグラ東京大会ですが、
ネット上では動画が早速アップされていたので見てみました。

まずはF-1グランプリクラスAメイン決勝

オープンホイールは絡むと大変ですね。
ひっくり返ると亀だし。
DD特有の『握りたいのに握れない』ジレンマを抱えつつのバトルは、
言い換えれば本人のウデがモロに出る部分でもあります。
そこがまた面白い!
やっぱりF-1はカッコイイなぁ。
来年から定期的に行われるとの事。
これを機に色んなボディを出してほしい。
DDカー再燃の波に乗らない手はないですよタミヤさん!
ただし、09年レギュレーションのダサいウィングは出さないでねw

次にGTビクトリークラスAメイン決勝

さすが最上クラスのバトル。
この狭いROXのコースで、よくぞここまでスピードが出せるものです。
スピード感は最高。Aメインともなればバトルも見所満載。
その中で、2位以下全てを周回遅れにしてしまうほど圧倒的勝利。素晴しい!
実際に見たかった~。
つくづく行けなかったことを後悔していますよ(;´Д`)

今年初めてタミグラに参加したのですが、あの雰囲気は現場でないと味わえませんね。

レースは会議室で起きてるんじゃない、現場で起きてるんだ!

アッ ヤメテ。・゚・(Д`(⊂(゚Д゚ つ⌒オラオラ
[PR]
by tatsuro-ueza | 2008-10-27 22:37 | R/C全般

ブラシレス大集合

いきなりですが、今週末の3連休のうち1日を決めて、試験的にチキチキをします。

1人でもしま~す。゜(゚´Д`゚)゜。

参加希望の方(または予定の方)は、コメント欄にどうぞ!

レギュレーションは、4輪駆動のツーリングカーでブラシレスモーターを搭載していること。
搭載するモーターに制限はありませんが、推奨はあります。

【推奨モーター】
6セル:7.5T(kv4600前後)
5セル:6.5T(kv5200前後)
リポ・A123:8.5T(kv4100前後)

これだけです。

コメントいただける方は、どのマシンで、どのターン数のモーターかを記入していただけると幸いです。

ではお待ちしています!

P.S.
今のところ、某を含め、らんえぼさんのBDM、U野さんのTC5、
emiさんのTRF416、さんでーくんのエボ5MS(リポ!)、
赤メガネさんのサイクロン(orTRF415)
の強制参加が決まっておりま~す♪

ブフッ∵(´ε(○=(゚∀゚ )オイコラ
[PR]
by tatsuro-ueza | 2008-10-27 20:25 | R/C全般

いよいよ始動

7月に代表権を取ってから、いままで特別なメンテナンスもせず走り込んできたTA-05 IFS-Rですが、

本日、2回目の東京大会も無事終了したということで、
いよいよ、本番に向けて本格的なチューニングを開始しようと思います。
自分の知識と経験を総動員して、本番で力を出せるマシンに仕上げるつもりです。

偉そうに言ってるようですが、本当は大したことなんですよw

チューニングと言っても、できることは限られているわけで、
皆さんが思っていることを忠実に行うだけのことです。
それは…

軽量化

これだけです。

GT2400クラスではバッテリーが2400ザップドなので、
総重量はヘタするとレギュレーションの1500gを簡単に切ってしまいます。
なので、そこまで神経質に軽量化にこだわらなくてもいいのですが、
たかが軽量化、されど軽量化。
方向性の違いにより走りがガラっと変わってしまうのも事実。
今回の狙いはそこです。

自分のスタイルに合った軽量化が実現できれば、ワンランク上の走りができる…といいな(;´Д`)

というわけで、しばらくメンテナンスのためにTA-05はお休みです。
[PR]
by tatsuro-ueza | 2008-10-26 23:48 | R/C全般

タイヤウォーマー

って、どのメーカー製のがいいの?

昨日、タイヤウォーマーの話があって、
マッチモアやアレックスが採用するカップタイプは
サイズが合わないと使い物にならない、ということを聞いたので、
イーグルなどが採用するベルト巻きタイプが良いかなぁと思っているんですが、
いかんせん、買ったことがない物に対しては恐怖感アリアリ。

教えて偉い人。
[PR]
by tatsuro-ueza | 2008-10-20 20:09 | R/C全般

買えと言うのか----!

全日本ホビーショーが開かれましたね~。
ネット上でも各メーカーが公表し始めています。

その中で、自分が惹かれたものをご紹介。
タミヤだけだけどね(;´Д`)

c0161727_18586100.jpg
ブラシレスモーター用アンプ『ヴォラック ブラシレス』

明らかにLRPのOEM。
モーター(トランスピード ブラシレス)も一緒。
前住選手繋がりでKOだと思っていたんですけどね~。
谷田部ではKOのアンプをテストしていましたしね。
今回は信頼性を選んだということでしょうか。
ただ、タミグラでの使用はないでしょうね。
(アンプはブラシモーターにも使用可能なので問題なし)


c0161727_1931732.jpg
c0161727_19476.jpg
高性能充電器と安定化電源(どちらも仮称)

これも明らかにマッチモアのOEM。
セルマスターとパワーマスターの色違いですね。
両方とも性能は言うまでもありませんので、コメントは差し控えさせていただきたいと思いますw
ただデザインがなぁ~…。
タミヤ好きな人なら買うかも。


c0161727_19101610.jpg
ザナヴィニスモGT-R(R35)TB-03

さすがタミヤ。
ディティールは最高です。
どのメーカーも、このクォリティには勝てないでしょう。
早く試したいボディの1つです。
実は、ワールドチャンピオン決定戦当日がスペアボディの発売日なんですよね。
現地で売ってたらゲット間違いなし。


c0161727_19171444.jpg
ブーメラン!!

キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!
ホットショットが再販されたので、もしかすると…と思っていましたが、
まさか本当に出すとは思ってもいませんでした。
本当に懐かしいです。
これを買ったのは小学6年生のころ。
当時、ホットショットが高くて買えなくて、けど4WDが欲しくて、
友達のマシンを羨ましく眺めていた頃に発売されたマシンです。
ホットショットの廉価版ですが、リアダンパーが左右独立になっていたりと、
性能は本家より高かったんですよね。
今では標準が当たり前のベアリングも、このキットでは全く付属せず。
お小遣いを貯めてはコツコツ買った記憶があります。
そうそう、このマシンでローカルレースで優勝もしたんですよ~。
8.4V+テクニゴールドモーターで最強でしたw
コイツで谷田部を失踪…いや疾走してみたいかも。


c0161727_19353219.jpg
F103 15thアニバーサリー

今回の自分的大本命。(ブーメランは??)
前々から欲しいな~と思っていたマシンが、豪華オプション付で出るそうですが、
ついでなんだからボールサスもオマケして欲しかったw
巷ではF-1ブームということで、自分も便乗しようかと思ってます。
リアル感があるボディを搭載すると、なんとも言えないカッコよさがありますね。


他には、三和のM11X(2.4GHz専用機)やブラシレスアンプ(これもLRPのOEM)、
京商のTF-5S(200mmサイズ)など色々ありますが、どれも力が入ってましたね。
世の中不景気ですが、せめて趣味の世界は景気良くありたいものです。
[PR]
by tatsuro-ueza | 2008-10-20 18:55 | R/C全般
昨日ユザワヤにて、KOの新型ブラシレスアンプ『VFS-1 BMC』のシェイクダウンを行いました。

ついでに購入した『ベクターX11 7.5T』のフィーリングテストも兼ねてます。

ユーザーインターフェイスは、VFSシリーズと同じ。
そういえば、瞬間最大電流と連続最大電流も『VFS-1 C3』と同じ。
もしかすると、LRPの『スフィア』と同じで、ブラシモーター用アンプをベースに
しているのかもしれません。

バッテリーをセットして電源ON。

ファンの音が大きいですね。
ブイィ~~~ンと低音が響きます。
LRPのスフィアTCスペックのファン以上に音が大きいです。

まぁ、取り付けるだけで最大可能ターン数が2Tも下がるとのことなので、
それだけ放熱性を高めているんでしょうね。
ちなみに、ファンは『吸い込み型』です。
昨今の『吸い上げ型』とは違うんですね~。ま、いっか。

ちなみに、最初からプレインストールされているプログラム(パワフル・マイルド・スムース・ツーリング・オフロードの5つ)があり、
今回選択したのは『ツーリング』。

恐る恐る走らせます。
最初はタイヤが温まっていないために半ドリフト状態。
3周目辺りからグリップが戻り、本格的に走り込み。

パワーフィールは至ってスムーズ。
ドッカンターボのような急加速は皆無です。
コーナーを立ち上がってガツンとスロットルを握っても、トラクションコントロールが効いている
かのようなスムーズな立ち上がりをします。
この辺はスフィアとは違った出力特性ですね。
(どちらも好みですがw)

リアグリップ確保のためのセッティングも良い結果が出たみたいで、
後はバッテリーがなくなるまで猿ラジしてました。

唯一欠点(?)を挙げるとすれば、デザインでしょうね~。
オプションのヒートシンクとファンの面積がアンプの放熱板の面積より小さいため、
取り付けたときに一体感がないのです。
この辺りは今後の改良に期待しましょう…。
[PR]
by tatsuro-ueza | 2008-10-19 23:31 | R/C全般

いつの間にか

皆さん、タミグラ東京大会への応募、済みましたか?

某は今回は不参加です。

実は、今回の大会には参加するつもりでした。
もちろんポイントを稼ぐためではなく、ワールドチャンピオン決定戦への
布石のひとつとしての目論見がありました。

うっかりド忘れですよ。

先日、ブログを書いているときに…

あれ? そういえば、タミグラの応募締切りっていつだったっけ??

(・・・・・・・・・・・・・・ホームページを確認・・・・・・・・・・・・・・・・)

おわ!!締切り終わってんじゃん!!
あべし!ひでぶ!

--------------------------糸冬    了 Ω\ζ°)チーン-------------------------------

しばし呆然……( ゚Д゚)

という具合です。

ワールドチャンピオン決定戦への最終確認書を書くことに頭がいっぱいで、
タミグラの事をすっかり忘れていました。

という事で、『上座達郎タミグラROX支部』でも開いて、
参加される皆さんのお手伝いでもしようかと考えてます。
[PR]
by tatsuro-ueza | 2008-10-16 22:37 | R/C全般

原点に戻る

ふと思うことがあり、TRF416のサスアームをキット標準(ノーマルリバサス)に戻しました。
ついでに足回り駆動系の洗浄も。

これで、完全にキット標準に戻りました。

キット標準
  ↓
2.5mmロワデッキ+ショートリバサス
  ↓
ノーマルロワデッキ+ショートリバサス
  ↓
キット標準

の流れがあったのですが、
これまでの結果からすると、2.5mmロワデッキ+ショートリバサスの組合せが
一番走らなかった記憶があります。

巷ではベストマッチの組合せと言われていますが、
先日公開されたワールドエディションを見て首を傾げる部分がありました。

アッパーデッキがロールしやすくなっているのに、ロワデッキはロールしにくくなっている。

これです。

それなら、ロワデッキだけに強度を頼ることはせずに、
ロワデッキとアッパーデッキの両方で最適なロールを実現する方がいいのでは?

と思ってしまいます。

さらに、ショートリバサスの効果です。

一般的にサスアームを短くするとロールすると言われていますが、
パワーが上がれば上がるほど、サスアームに対する負荷が大きくなります。
サスアームで受け止めきれない負荷をロワデッキやアッパーデッキが担うのに、
ロワデッキがガチガチで、逃げ場がない負荷は何処へ行くのか?
という疑問です。

実際、ロールしすぎて挙動が不安定になるということが多々ありました。

こういった疑問から、キット標準が最も最適ではないか?ということを、
これまで考えていました。

先日、同じTRF416を走らせている人のマシンを拝見する機会がありましたが、
結局、ノーマルリバサスに戻していました。
やはり、スピード域・路面グリップに合わせたらノーマルが一番落ち着くとのこと。
他にも色々お話しすることができました。

ただし、谷田部などの超ハイグリップ路面だと、また話は違うということもありますよ。

という訳で、手を真っ黒にしながら換装完了。

週末が楽しみです。
[PR]
by tatsuro-ueza | 2008-10-14 23:52 | R/C全般

谷田部アリーナ その3

走り疲れたら、今度は休憩です。

ちょうどラウンドレースが行われていて、らんえぼさん・COLAさん・かし。さんの3人が出場です。
それぞれ自慢のオフロードカーで谷田部の難関コースに挑みます。

某も見学~。

注目は、ハイエンドマシンがしのぎを削るクラスではなく、
昔懐かしのマシンが走る『ビンテージクラス』。
グラスホッパーや、マイティーフロッグ。今はない青柳工業のバギー、
走らせるのが勿体無いマシンばかりです。
c0161727_19272876.jpg
ホッパー走る!

皆さん一生懸命コースを攻めます。
ご老体にもかかわらず、その魅力を如何なく発揮しています。
おもわず『頑張れ!』と声をかけてしまうほどです。
笑いあり涙ありの大喝采のレース。それがビンテージクラスです。
自分的順位をつけると…

1位:FF車と後輪駆動車との合体走行
2位:マーシャルズッコケ
3位:ホッパー飛ぶ!

オークションで落札してやろうかと本気で考えてしまいますねw
終始、和気藹々の良いレースでした。

その後、インター近くのファミレスでお食事。
謎の中学生も加わり、ラジコン談義に花を咲かせました。
らんえぼさんのオーダーだけ忘れ去られていたのはご愛嬌で。
COLAさんは早速ビール。お酒強いッスね~。
自分、下戸なので憧れます。

その後、世田谷方面と武蔵野方面で別れて帰路に。
そこからが地獄の始まりでした…。
インター料金所付近でいきなり吐き気が。
急遽路肩に停めていただき、○×を□△まくり。
せっかくの楽しい1日が、私の行動で台無しにしてしまいました。
本当に申し訳ありませんでした…。
次は体調を万全にして行きたいと思います。

また行きましょう!

P.S.
受付の子、可愛かったなぁw
[PR]
by tatsuro-ueza | 2008-10-06 19:59 | R/C全般