ブログに決まってるでしょ!


by tatsuro-ueza
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2011年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

新生谷田部

行ってきました谷田部アリーナ。

らんえぼ氏(お久しぶりです)のお誘いで、
COLA氏・ペインターキョンと4人で行きました。

新生谷田部の様子は店長ブログなどで広く知られているので割愛で。
入り口の噴水をいつ・誰が壊すのかで話題になりましたw
(ポンプの電気代が無駄だと思うんですが…)

ピットは快適そのもの。
ある程度準備して椅子に座ると超リラックスモードに入れます。
もうね、行っただけで満足な感じがします。
少し眠気も襲ってきたりして、もう走らせなくてもいいかな~と思ってしまうくらい。

いかんいかん、走らせなければ。

今日の目的はTA06を谷田部オンロードコースで走らせること。

パワーソースはタミヤブラシレス10.5Tにリポの組み合わせ。
ギヤ比はタミグラGT-Aと同じ6.4。
ボディは引退直前のヴィーマック。
タイヤはペインターキョンから借りた中古のソレックス。
グリップ剤を塗って恐る恐る走り出します。

走り出して直ぐ感じたのは、頭の入りが良すぎてリアがついていかないということ。
簡単に言えば、リアが振り回される感じです。
コンパクトに曲がるのには最適ですが、挙動が突然かつ予想不可能なのは困ります。
もともとスタ1用セットだったので仕方ないかな、と。

ピットに戻り、キョンにアドバイスをもらってセット変更。
断然走りやすくなりました。
コースにも慣れてきたので、ギヤ比を上げてスピードアップ。
コース左から外周を立ち上がってストレートに抜けるのが楽しい♪

ここで、次のタミグラで使う予定のアクシオ軽量ボディへチェンジ。
ヴィーマックよりは曲がらないだと思っていましたが、その通りでした。
が、コーナーの挙動はヴィーマックより穏やかですが、
反面、走りに破綻がなく、スムーズに走れます。
う~ん、次のタミグラはアクシオも悪くないかなぁ。

ある程度走れることが分かったので、
途中からCOLA氏のGT500を走らせたり、
らんえぼ氏のガンベイドを走らせたり、
2階のカフェでソフトクリーム食べたり、
ネットでオフロード世界戦の様子を見たり、
終始マッタリしてましたw

帰りの高速道も空いていて、あっという間に帰宅。
毎回こうならいいんだけどなぁ~。
[PR]
by tatsuro-ueza | 2011-07-23 21:54 | R/C全般

あべし!

【スタジアム1 タミヤチャレンジカップ第1戦】
予選:ノータイムによりCメイン5位(つまりビリ…)
決勝:Cメイン1位(2位と1分差…)

この日のためにキョンにボディを新しく塗ってもらったのに、力を発揮できませんでした。
申し訳ない…。

それ以外は楽しめましたので以下レポートを。

タミチャレということで、T中さんをはじめタミグラの常連さん達も参加。
久しぶりのN村くんや店員Mも。
そしてRCワールドの取材のためにY儀くんも参加です。
(M園はどうした?)

今日はK2K2さんも参加。
FF03でどこまで戦えるかを試すそうです。
元々FFでAメイン入りする実力の持ち主。レースが楽しみです。
Jigen氏はTB-03。シャフトマシンが少なくなっている中、孤軍奮闘で上位を目指します。
どちらもスタ1常連。コースには慣れています。
レギュレーションが多少変わったところで問題はないでしょう。
いつものレース風景でワイワイ楽しむ雰囲気がいいですね。

予選1回目。
アンプの電源を入れるとすべてのランプが点滅し、モーターが回ってくれません。
以前から同じ症状が出ていたんですが、その場で直せるものではないと判断し走行を断念。
ノータイムとなります。

ここでN村さんから「センサーケーブルが原因かも」ということで、
N村さん自身のケーブルをお借りして付けてみたところ、アッサリ解決。
これで心置きなく走らせることができます。ありがとうございます!

予選2回目。
トップタイムをマークしてやる!と意気込んだ予選2回目。
スタート直後のPコーナーで右足をガツンとぶつけてしまいます。
大した事ない・・・・・・訳がありませんでした。
ナックル破損で走行断念。
結果、一番ビリになりました・・・。

K2K2さんは奮闘したものの、パワーソースとFFの不利が響きBメインに。
Jigen氏は実力を発揮しAメインに、それぞれ入ります。

決勝Cメイン。
もうやる気がないです。ものすごく暑いし。
この中で8分も走るなんて無理ッス。
「早いとこ終わらせて帰ろう…」
スタート直後にトップに立ち、後は独走状態。
2位に1分近いリードを保ちゴール。
いやホント暑いんですよ。室内温度36℃ですもん。
もうグダグダでした。

レースが終わった後フリー走行の時間になり、
Jigen氏はTF-6に15.5Tで走るということで、
自分はタミヤの16Tを10.5Tに変え、リポを搭載して走らせることに。
これが丁度いいスピードでストレートも併走できます。
ただ、セットがタミチャレのままなのと、ボディがシルビアだったりして、
コーナーでは完全に置いていかれます。
ただ、この状態でも破綻しない走りができるということが分かったので、
次はキチンとセットしていこうと思います。
楽しみになってきました。

次のタミチャレは8月最終週の日曜日。
頑張りますぜ!
[PR]
by tatsuro-ueza | 2011-07-17 23:58 | R/C全般

第二の人生

我が家は西窓なんです。なので夏は西日が部屋に入ってきて室内の気温が40度を超えることもしばしば。

あまりにも耐えかねて『シルバーすだれ』なるものを買い、西日をシャットアウトすることにしました。

取り付けは簡単。
洗濯ポールに結びつけるだけ。
結びつける紐は余っていた18Gのシリコンコードw
そして、アオリ避けのために錘として取り付けたのが、これ。

c0161727_202433.jpg

味スタレースで使ったサターンモーターww

これをすだれ1枚につき2個。2枚あるので計4個取り付けてます。
これがドンピシャ!
適度な重さがあり、アオリ避けには十分です。
ローターが焼きついて回らないモーターですから、
ここで夏の間は頑張ってもらいましょう。
[PR]
by tatsuro-ueza | 2011-07-11 19:59 | R/C全般

やっぱり?

昨日土曜日、H口・K崎両氏にお誘いいただきT&Fに行ってきました。

H口氏の車はミニバン。中は広々で快適すぎます。
(朝早くからすいません)
首都高の渋滞もなく、三鷹から1時間30分で到着。
タミグラの後なのか人も少なく、お店に一番乗りいただきました。

空調完備のT&F、中は快適そのものです。
4時間以上は3,500円と、他のサーキットに比べて1,000円割高ですが、
暑さで朦朧とする中を走らせるより数段マシ。
こういうサーキットが増えるといいんですけどね~。

今考えると、灼熱のユザワヤで良く耐えてたなぁ…。
逆に真冬でも言えることだけど。

今日はH口・K崎両氏もTA06を持ち込んでテストするということなので、
今までの経験をレクチャーしつつ3台のチキチキを目指し特訓です。

まずはレクチャーする自分が走れないと話になりません。
前回のタミグラで意外なセットが良く走ることが分かったので、
今回はそのときのセットをさらに煮詰めます。
前後のリバウンドを特に気をつけて、数周走らせたらセット変更の繰り返しで
3パック分くらい走らせます。
その後コンスタントにタイムを刻めるようになったところで一旦終了し、
H口・K崎両氏のセットを詰めていきます。
セットの途中で、H口氏はフロントに重デフ、K崎氏はスプールが感触が良いようだったので、
ここで駆動系のチョイスは終了させ、この組み合わせをベースに足回りを見ていきます。
まずはH口氏。
コーナーギリギリまで握ってしまうクセがあり、
その影響でコーナー進入時にガバ切りをしてしまいます。
短期間でクセを直すのは無理なので、クセに合ったセットを試します。
と同時にコースの走らせ方・見方などもアドバイスし、
とにかく『コーナーにぶつけない・パイロンに乗り上げない』を基本に
走り込んでもらいます。
次にK崎氏。
ガバ切りはH口氏に比べて少ないものの、コース全体を見渡すことが難しいみたいで、
何でもないところで壁にヒットしてしまいます。
これは、走行しているマシンを見るときに、どこに視点を置くかというのがキモなので、
簡単に説明し、セットを変えつつ練習してもらいます。

午後3時過ぎ辺りからミスも極端に減ってきたので3台でチキチキ。
数周おきにクラッシュで隊列が乱れますが、午前のそれに比べれば大分マシです。
途中GT500を走らせたりして中断してましたが、結果として良い方向へ向かって一安心。

日も暮れ、早めに切り上げて某中華料理屋で夕食。
カニあんかけチャーハン激美味かった~。

今週末はタミチャレです。ボディも届いたので今晩から塗装です。
時間がないので単色塗りかなw
[PR]
by tatsuro-ueza | 2011-07-10 14:10 | R/C全般
ネットサーフィンしていたら、この人こんな物を入手して楽しんでいるとか。

確かにT宮のMなんたらより良く走りそう。
ある意味T宮の呪縛から逃れられていない自分としては羨ましい限りです。
今度弄らせてもらおうっとw

で、そのT宮の呪縛から少しでも逃れたい自分としては、
先日キョンに『F104X-1買うぞ!』と発言していたのを撤回し、
X光線かTRFとかY藻に手を出そうかと計画中。
その答えは来週末には判明するはずです。

とにもかくにも自分の中では『F104X-1よりLF3700』な気持ちなもんでw
早く出ろ♪
[PR]
by tatsuro-ueza | 2011-07-05 22:34 | R/C全般

正体を知りたい

なんとか終電で帰ってこれました。
車があれば営業時間ギリギリまで走らせることができるんですけどね…。
仕事の疲れが残っていて帰りの中央線は立ったまま寝てましたw

まずはスタ1のタミチャレのお話。

本日、受付にてタミチャレX-1の申し込みをしてきました。
既に雑誌社の方々(Y儀くんやM園さん)などの参加もあり、そこそこ楽しめそうです。

余談ですが、X-1って、10+1=11(=2011)ということですよね?そうですよね?
なら素直に2011ってつけたらいいのに…。ナンバリングって、続けば続くほど面倒になってきますから。

走らせるマシンはもちろんTA06。先日のタミグラでGT-A Aメイン入りするなど、
ポテンシャルの片鱗を見せてくれたマシンですが、ハイグリップのスタ1ではどうでしょう。
ワクワクします♪

まずはタミグラのときのままで走らせます。

スピードがスピードなだけに、どのコーナーでも不満なく走りますが、
フロントがスプールであるにもかかわらず、鋭角に曲がれません。
次にフロントのリバウンドを減らし、コーナーでの片輪走行を目論見ますが、コレも失敗。
結局、スピード的に考えてワンウェイに落ち着きました。
しばらくスプールのみを走らせていたので、走らせ方を忘れていましたw

ちなみに、レギュレーションではタイヤはMNラジアルが指定。
とはいえ、スタ1では良くグリップします。
ソレックスなどのコンペティションタイヤに比べ、
ロールが最大になるところでのグリップ感は落ちますが、
タイヤ素材やインナーを考えれば無理もない話。
ところがこのタイヤ、1パック走るだけで路面のグリップ剤を吸い込み、表面はベタベタです。
つまりグリップ剤が染込むと軟らかくなり、腰砕けになって余計にグリップしなくなります。
レースでは毎ヒートごとに新品、またはグリップ剤が染込んでいないタイヤを用意する必要がありそうです。

とりあえずTA06でも良く走ります。
加速感はTB03並にあり、Pコーナーでの加速はなかなかのもの。
これで走らせ方さえ良ければストレートで良い勝負するんですけどね…。
どうもPコーナーが下手すぎる…。

今度の土曜日はT&Fでタミグラの練習でもしますか。
[PR]
by tatsuro-ueza | 2011-07-03 02:24 | R/C全般