「ほっ」と。キャンペーン

ブログに決まってるでしょ!


by tatsuro-ueza
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29

<   2011年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

Ω\ζ°)チーン

ニューイヤーレース……


エントリー忘れたっ!!! Σ(゚Д゚) 

悲しいので、2日に進ちゃんとS沢くんで千葉タム行ってきます…。
[PR]
by tatsuro-ueza | 2011-12-29 20:59 | R/C全般

徹底的

ROX代替レース1発目は横浜の日産グローバル本社で行われますが、
今日、詳細がアップされました。


c0161727_20481080.jpg
c0161727_20481737.jpg

1日目に出るかどうか微妙なところですね…。
歴代GT-Rボディが指定+電飾4灯!
時間はあるのでゆっくり作ります。
そりゃね、日産の御膝元でレースするわけですから、
ボディが指定になるのは重々承知していましたけど、
2日目のレギュレーション、なんじゃこりゃ!?
『できる限り…』って…無理です…。
しかもニッカド1600など、当の昔にお星様になってますし…。
出るなら1日目ですかね。

さて、準備しますか!
[PR]
by tatsuro-ueza | 2011-12-29 20:39 | R/C全般

心変わりは何とやら

最近の電動カーはブラシレスモーターの普及に伴い、大幅なパワーアップ化が可能になりました。
自分も先日、XRAYでGPカーとチキチキを楽しんできたところです。
直線スピードは同じ。大きなコーナーや立ち上がりはGPカーの方が上。小さなコーナーはEPカーの方が上。
1週のラップタイムはほぼ同じということで、電動も速くなったなぁとシミジミ感じています。

が!1/8が相手だと話は別。
キングオブオンロードの名に恥じないスピードとコーナリング、それと圧倒的なパワー。
どれも1/10を凌駕しています。

いつかは電動で…と思っていましたが、同じことを考える人はいるもので、
台湾からこんなマシンが発売してました。


c0161727_20571274.jpg

EDAM E-spiritです。
一見、XRAYか?と思わせるようなマシンですが、よく見ると全く違います。



c0161727_21205475.jpg

ほら、タイヤとバンパーが見たことがあるでしょ?
そうです。他社のGPカーを電動にコンバージョンしたものではなく、
純粋な200mm~220mmEPカーなんです。
設計のスタートが190mmEPカーから始まっているんです。
モーターは550サイズ。これを3セルリポで駆動するモンスターマシンです。
最高速は130km/hまでいくとか。怖…。



c0161727_21294047.jpg

200mmで使用する場合、タイヤは1/10GPカー用のタイヤを装着します。



c0161727_21302281.jpg

220mmで使用する場合、1/10GPRカー用のタイヤを装着します。
カンナムボディを載せるため、リアボディマウントをGPR用に換装します。



c0161727_2132379.jpg

220mmでカンナムボディを載せるためのボディマウント。
GPRと構造は全く同じですね。



c0161727_21325478.jpg

足回りはGPカーそのまんま。
でも、これだけのパワーを受け止めるためには必要ですね。
最近のEPカーはサラブレッド化(速いが繊細でもろい)してるので、
こういう無骨さは逆に新鮮味を感じます。


【オフィシャル動画】



GPカーが混走するような大型サーキットでは、割り切ってこれを使うのもアリかもしれませんね。
外国人の発想は実に面白い!
[PR]
by tatsuro-ueza | 2011-12-20 23:38 | R/C全般

心配無用

SPLに行ってきました。
c0161727_21205220.jpg

土曜日の寒空から一転、日差しも暖かく風もない穏やかな晴天の下、
T3'2012のシェイクダウンを行いました。



c0161727_2125379.jpg

ハルさんのRRR。いつもありがとうございます!
無理矢理(?)換装してもらったノバロッシエンジンの紫色が映えますね。



c0161727_21273474.jpg

日が傾いてくると体感温度がグッと下がるので、
ここぞとばかりに持ち出した電気ポット。
温かいコーヒーやカップラーメンがやたら美味いのはお前のおかげさ♪



c0161727_213419.jpg

同じデザインのボディが2つ。
左がハルさんのボディ。右が自分のボディ。



c0161727_213439100.jpg

いよいよ走らせるときがやってきました。
ハイエンドマシンを走らせるのはTRF416以来でして、
しかも昨今定評のあるXRAYのマシン。期待しない方がおかしいです。
ダンパーはテックのビッグボアダンパーに換装済みですが、
どうもピストン穴のチョイスを間違えたらしく、動きが重い…。
初めて触れるダンパーなので「最初はこんなもんか?」とあまり気にせず、
アンプのセッティングの方にご執着な私。
以前、キョンに教えてもらったセットを施し、いざ出陣!

恐る恐る走り出しますが、2週目には早くも全開モード突入。
この段階でT3が良く走るということを実感できました。
やっぱりカッチリ走ります。思った通りです。
トレースもバッチリで、路面の影響で挙動が乱れるところは直に現れます。
これが次のセッティングへの道しるべとなるわけで、
そういう意味では素直なマシンだと言えると思います。

ここでさらにキョンにアンプのセッティングを聞いてパワーアップ。
4.5Tモーターにブースト・ターボをかける過激な領域に。
ところが思ったより伸びず、仕方なくギヤ比を上げていきます。
ピニオンの歯数を2ずつ上げていき、その都度、モーター温度を測ります。
最終的にはスパー115T・ピニオン36Tのギヤ比6.07まで上げましたが、
モーター温度は50度未満で手で余裕で触れるくらい。
これ以上のギヤ比アップは手持ちのスパーでは無理だったので、
仕方なくこのまま走ります。

セッティングの間にハルさんのエンジン慣らしも体験。
やはり金属製品。アタリというのがいかに大切かが良く分かります。
火を入れる一発目はピストンが固まって動かない動かない。
スターターを起動⇒固まったピストンをほぐす、の繰り返し。
火が入ったら1タンク分はそのまま放置。2タンク目からニードルを絞りつつジワジワ走行。
3タンク目以降はボディを付けて、さらにニードル調整。
いやはやGPカーは手間がかかりますね。
それでも、日が傾いたころには2速の入りも良くなり、
2人でチキチキを楽しみました。

でも楽しいこともあれば悲しいこともあるもので、
数回しか使っていないリポが電圧不足で使用不可能になりました。
膨らんで使用を諦めたことはありましたが、片方のセルが2V前後まで落ちて
充電を弾いてしまうのは初めてです。
残念ながら放電して廃棄処分ですな…。

このマイナス面を考慮しても、今日は大満足な1日でした。
次は更なるスピードアップを目指しますぜ!
[PR]
by tatsuro-ueza | 2011-12-18 21:20 | R/C全般

R/Cとは関係ないですが

c0161727_23281688.jpg
c0161727_23282556.jpg

皆既月食です。
東京はキレイに見えました。
[PR]
by tatsuro-ueza | 2011-12-10 23:27 | R/C全般

来年

タミグラ『関東大会』ですか。

今回は横浜ね。

始発じゃ間に合わないよ…。
車で行くか…。
キョンとJigen氏拾ってさw
[PR]
by tatsuro-ueza | 2011-12-07 23:06 | R/C全般

匠の技

T3'2012が完成しました。
シェイクダウンがお流れになったので、余った時間を存分に活かし、じっくり組み上げました。

海外マシンはE4RSに続いて2台目ですが、
性能が未知数だったE4RSに比べて、過去の豊富な実績に裏付けられたマシンは
一体、どのようなものなのでしょうか。画像と共にお伝えします。

c0161727_22144832.jpg
マシン全体。オレンジアルマイトがXRAYのトレードカラー。
とは言え、T3(ツーリングカー)のみオレンジで、他のマシンはシルバー。なんでだろ?
プラパーツ・金属シム等も黒一色なので、オレンジ色に染められたアルミパーツが一層引き立ちます。
シャーシは昨今流行の細身です。Ver.2011に比べて一層くり抜きが大きくなりました。
面取りはキョンにやってもらいました。助かったよ~。


c0161727_22173688.jpg
バッテリーとシャーシとの擦れ傷を嫌って、京商製カーボン調ステッカーを貼ってます。
お値段がちょっと高いですが、厚みもあり、使いやすいです。


c0161727_2221672.jpg
付属のスパーは48ピッチだったので、パナレーサーの115T(64ピッチ)に交換。
スパーのホールド性は非常に高く、シム調整しなくてもガタが出ません。
支持のベアリングは1050サイズです。シールドベアリングが同封されています。


c0161727_22254960.jpg
T3で特筆すべきは、このダンパー。
内部構造により減衰力を変更することができます。
ピストン内部で穴の数を変えることにより、同番のオイルでも柔かめ・硬めを調整できるんです。
組上げたとき、面白くてカチカチ回して遊んでいましたw
ビッグボアダンパーも入手済みなので、どちらを選ぶか迷うところです。
ドライブシャフトに取り付けるプラパーツはドライブカップとのクリアランスが絶妙で、
これもガタがないのにスルスルです。


c0161727_2230979.jpg
ステアリング回りです。
アジャスターとピロボールとのガタは皆無です。他社製マシンでは有り得ないほどのガタの無さです。
XRAYマシンがカッチリ走るというのはこういうところに表れているのかもしれません。
キョンから事前に『組上げには要注意』と言われていたので、組込みには細心の注意を払いました。
おかげ様でスルスルであります♪
多少渋くても1度走ればスルスルになると懇意にしているユーザーさんから教えてくれました。
ありがとうございます!


c0161727_2256925.jpg
ボディも新調。ライドのB4です。
どんな走りを見せてくれるのか楽しみです。

組立てた感想は、意外に簡単でした。
ハイエンドマシンはミドル・ローエンドに比べてビスの数が少ないというのもありますが、
パーツの精度の高さでシム調整の無さやビスの締めやすさがありました。
意外にプラパーツが多いですが、これは『オプションを買ってね』ではなく『これで十分』
ということだそうで、信頼感の高さも伺えます。

円高・株安で長期不況が続く世の中ですが、
せめて円高を逆手にとって海外マシンを手に入れるのもアリです。
[PR]
by tatsuro-ueza | 2011-12-04 22:12 | R/C全般